エマージェンシー

書こうかどうしようか、一瞬迷ったのですが、家族の記録でもあるので書くことにしました。

本日、会社に着くと、カミサンからメールが携帯に届きました。
「Kenちゃん、熱出しちゃった38.3度、今日病院に連れて行くけど、山形にいけるか微妙」
ありゃりゃ。
「まあ、今日一日様子を見ましょ」ってメールを返しておきました。
10時も過ぎて、ふと「はてな?」

カミサンは、たいていこの時間にメール出すと、すぐメールが返ってくるのですが、全然戻ってこない。
なんとなく、妙な違和感が。。。。(今思えば虫の知らせか)

携帯でカミサンの携帯に電話をして見ます。

「(がちゃ、、、、がちゃがちゃ)、みみすけ、みみすけさん
Kenちゃんが ひきつけ 起こして、白目むいて倒れちゃった、意識も無いみたい (ガタゴト)」

「えっ、なんだって!!」
「今、救急車呼んで、今から乗るところ、(あっそうですか) 熱痙攣とかだって あとでかける (ブツ)」

ツー ツー ツー ツー ツー

「ねつ、、けいれん???」

頭の中は、しばし真っ白。それから最悪のケースが頭を駆け巡る。

30秒くらいしただろうか。。。ふと我に返る。そうだ。こういう時こそしっかりしなければ

まず、ある情報は「熱けいれん」

Googleでとりあえず検索。

「痙攣には熱性痙攣と無熱性痙攣があり、前者は子供が発熱し、自分の体が熱を下げようとする時に生じる物です。 体力の無い時期に生じやすい。殆どの痙攣は5~7分程度で治まります。慌てて救急車を呼ぶ事は無いでしょう。呼んで救急病院へ行ったとしても、その時には痙攣は止まっていますから、医者の処置する事は殆ど無いと言っても過言ではありません。処置したとしても栄養補給などの点滴を施すだけです。」

とりあえず、救急隊員がこの言葉を発していたのなら、それなりに最悪のケースではなさそう。

2008/2/10追記:
医学に携わる方にコメントいただいたところ、上記検索内容は必ずしも真実では無いようです。痙攣にはいろいろなケースがあり、時には命に関わる場合もあるとの事、有事の際には皆さん救急車を呼ぶのを躊躇わないでください。

約10分後、カミサンから連絡あり。(たまたま仕事で電話してましたが、強引に切り携帯に出る)
バックで「ピーポーピーポー」という音が聞こえてくる。

「今、救急車の中で病院に向かっているところ。隊員の人が言うには子供にはよくあることらしいわ」
とりあえず落ち着いてきてる模様。
「Kenちゃんは息してるの?」
「大丈夫。ただ意識はまだなく、酸素マスクつけてる」
あまり楽観もでき無いじゃんガーン、と思いつつも、そんな事いったら、動揺するので、とにかく落ち着いて行動するよう伝える。

まあ、専門家が見てくれてて、よくあることといってるんだから、大丈夫なんだろ。。

実際、大丈夫でした。12時過ぎに診察が終わり、「これから帰る」の連絡があった。
解熱剤も出なかった。(解熱剤は、体力を消費し、また痙攣する恐れが高まるので出さないものらしい)

調べたところ、急な発熱が原因で、ひきつけ(熱痙攣)を起こすことは、子供にとってはそう珍しいことでは無いらしい。(100人に8人くらいの割合。小児科の救急外来のかなりの割合がこの ひきつけ であるらしい)

頭の神経は、いわば電気の流れる線の集合体みたいなもので、大人はこの線に保護の絶縁体がまかれている状態。しかし、子供はこの絶縁体が弱く、ちょっとした発熱でショートを起こしてしまうと、あるページには書かれていた。

そんなワケで、今日は定時で速攻で帰宅した。

カミサンに聞いていると、その時のカミサンの恐怖がまざまざと見て取れた。

だるそうにして起き上がり、39.5度を越えたあたりから様子が変になり、痙攣し白目をむき意識がなくなった。顔色も蒼白から見る見る土色に変化していくわが子を見ながらカミサンの思いはどんなだったろう。

119番が2度かけたけど繋がらず、、あせるカミサン(どうも焦りすぎて発信音がなる前にダイヤルしてたらしい)、、3度目にようやくつながり119番 ものの3分後くらいに救急車が到着。

「とにかくお母さん落ち着いて」と何度も救急隊員に言われたらしい。
帰ってくるときも、蒼白のままだったそうだが、私が帰ってきて買ってきたウイダーインゼリーとか飲ましたりしてたら、元気が出てきた。。

死んじゃうかもしれない、、そう思ったといってた。なんともなくてよかった。本当に良かった。

結局、おおもとの原因である熱はなぜ出たのかわからずじまい。
とりあえずインフルエンザは陰性だった。
しかし、おそらく明日にならないとインフルエンザの検査にはならないかもとの事。

今は、いろいろしゃべれるようになり、熱も37度台に下がっている。

結局、そんなことで山形行きは、残念だけど取りやめにしました。
あと一日で回復するかわからないし、万が一にも、なにかの関係で、甥っ子に風邪か何かをうつしてしまってはいけないから。

この週末は、また、子供と一緒におうちキャンプ(家でDO料理)かな (^^)y
いつもうるさい子供のクッチャべりが、今日はなんとも耳にここち良く感じる。。


=======================
このサイトに来てよかったと思っていただけた方は
是非CliCK、お願いいたします

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
=======================
                      
Filed under: イベントドリブン,息子のイベント — みみすけ 9:16 PM  Comments (19)

19件のコメント
  1. 大変でしたね。
    初めて見たときはかなりのインパクトですよ。
    奥さんもお疲れ様ですね。
    でも、無事で良かったです。
     
    家の子も、ひきつけ経験してます。
    初回はみみすけさんのところと同じで、
    僕の仕事中(夜9時頃)に、電話で知らされました。
    妻の動揺した声をいまでも憶えてます。
     
    2回目は旅行中の自動車の中でした。
    幸い、妻が座薬を持ち歩いていたので、
    事なきを得ましたが、
    初めて見た僕はかなりびっくりしました。
     
    最後に一言だけ。
    結構、癖になる子がいるとの事です。
    発熱に気をつけてあげてください。
    あと、座薬は常備しておいた方がいいですよ。
    家は旅行にも持って行ってます。

    Comment by blue — 2008年2月7日 10:25 PM
  2. あ~~。ほんとになんともなくて、よかったです~。
    奥様も大変でしたね~。
    心配されましたね~。
    でも、もう37度台ならば、よかったです。
     
    うちはひきつけは起こしたことがありません。
    だから、自分の子供が一人で見ていて、そうなったなら本当に動揺すると思います。
     
    あ~~、でも本当によかった(*^^*)
    山形はザンネンですが、また機会はありますよね。
    今週は、ゆっくり休養してくださいね。

    Comment by くーちゃんママ — 2008年2月7日 10:43 PM
  3. 初めての事でビックリしちゃったんでしょうね。
     
    僕の息子も 熱性痙攣持ちです もうすぐ3歳ですが2回起きました!! ちなみに僕も小さい時に数回なってるし息子はなるもんだって思ってから事前に本を読んでて冷静で状態観察してました(嫁は泣いてましたが)だまって見てろって言ったような・・・ 嫁には言えませんが内心はドキドキものでしたよ(滝汗) 同じ様に震えているか・時間はとか必死で観察してました!!
     
    もし、キャンプで熱が上がると痙攣が怖いです!! 我が家もキャンプには痙攣止めの座薬と熱下ろしは常備しとこうかな。

    Comment by tomo0104 — 2008年2月7日 11:16 PM
  4. 回復してよかったですね。
    子供の元気は良くなるのも悪くなるのも早いですね。
    熱も40度以下だったら元気にあそんでいますが、40を超えた途端に元気がなくなります。たまに「布団に虫がいっぱいいる」と、怖いことを言いますが….

    Comment by あがちゃん — 2008年2月7日 11:41 PM
  5. ふぅ~~~とりあえず一安心ですね。。。
    お疲れ様でした(^^
     
    ウチは痙攣、まだないのですよ。
    ですけどみみすけさんのこの記事読んで
    だいぶ心構えができました。
    ありがとうございます!
     
    最後の一行が心境を表してますね(^^

    Comment by lag — 2008年2月7日 11:54 PM
  6. 本当良かった良かった…
    読みながらドキドキして( iдi )  辛かったです。
    自分の子供に置き換えたら…
    きっとみみすけさんの様にしっかりとした気構えが出来なかったかも。。
    慌ててしまいそうです。。。
     
    とりあえず、今週末は子供ちゃんと一緒に自宅でゆっくりと過ごしてくださいねっ!!

    Comment by lilt — 2008年2月8日 1:07 AM
  7. みみすけさん、こんばんは。
     
    お子さんご無事でよかったです。
     
    みみすけさんも奥さんもお疲れ様でした。
     
    ウチの娘も10年前 引越し当日の早朝同じことがありました。 当時息子を身ごもっていた家内はパニックで硬直。。 速攻で当時勤務していた病院へ連れて行ったことがありました。 
     
    >いつもうるさい子供のクッチャべりが・・・
    お気持ち よく分かります。
    元気がナニヨリです。
     
    どうぞお大事になさってください。

    Comment by jbmh — 2008年2月8日 2:04 AM
  8. いや~、ホントご無事で良かったです。
     
    みみすけさんもさぞかし苦心した事でしょう。記事読んでて私がパニックになりそうでした。
    確かに救急隊員の方にそう言われると少し安心するでしょうけど、自分の子供が目の前で白目むいてたら絶対落ち着いていられないですもんね。
     
    私の娘も小さい時、一度だけ経験があります。嫁に少し知識があったので119番はしなかったのですが、私がパニックで倒れそうでした(^^;)
     
    >耳にここちよく・・・
    ほんとその通りですよね。普段は中々思えないけど、この記事読んで心が洗われた気がします。

    Comment by Booパパ — 2008年2月8日 6:39 AM
  9. みみすけさん おはようございます
    お子さん 大事にならずよかったですね
    この時期 風邪、インフルエンザと 体調崩しがちですから 心配です
    我が家も はさみでまぶたを切ったり 転んで額をぱっくりなど
    子供に関しては どきどきが 絶えません
    お子さん お大事になさってください

    Comment by kumataro — 2008年2月8日 8:17 AM
  10. 痙攣、うちの娘は経験ないのですが、
    そんな状況になったら、速攻119番ですよ~
    奥様、大変だったのでしょうね。。。
    そんなこともあり得るのだと、勉強になりました。
    最後の言葉、本当にしみ入りますよ。。
     
    山形は残念でしたね。今度は、帰られてから、一緒に行ってガイドしてもらえるといいですね♪

    Comment by marurin — 2008年2月8日 8:56 AM
  11. 無事で何よりでしたね。
    子供の熱痙攣は、「やばっ」と焦りを感じます。
    幸いウチの息子はありませんでしたが、従兄弟がやはり同じような状態になりました。
     
    数年前、今は閉鎖されてる向ヶ丘遊園の駅の近くの病院(息子はあそこで生まれました)、近くでしたし、前の仕事で出入りしてて顔なじみ?かかりつけでした。
    子供が40度を超えた時連れて行くと、医者は平然としてるんですよね。
    「子供は大人と違い大丈夫ですよ」なんて。
     
    そうはいっても親が心配になりますよね。

    Comment by yuta — 2008年2月8日 9:48 AM
  12. 大事がなくて良かったですね…。
     
    我が家の場合は年寄りが同居しているので、夫婦であわてた時にも一言あって助けられた事があります。
     
    娘が小学生頃に私の父が倒れて、娘が泣きながら電話をよこした時にはさすがにあわてました…病院で奇跡的に復活しましたが…。
     
    御二人のお気持ちは手に取るようにわかりますが、とにかく何事もなく良かったです。

    Comment by naminosabaoh — 2008年2月8日 4:14 PM
  13. びっくりされたことでしょう。。。
    ご無事でなによりです。
     
    読んでいてほんとに数年前の自分がいるようでした。
    奥さま生きた心地がしなかったと思います。
     
    うちの長男も熱性けいれんをもってました。
    初めてのときは「死んでまうー!!!」と我が子抱きかかえ3Fから1Fまでの階段を何段かとばして降りたように思います。
    (当時3階建てに住んでいた)
     
    119も、番号が思い出せない、押せないんですよ、、、
    救急車がやけに遅く感じました。
     
    その後旅行やキャンプには「ダイアップ」「体温計」は必ず持って行きました。
     
    うちは何度目かのケイレンで片側・短時間で2回も起きたことがあります(抱っこしているときにケイレン。我が子の体の固さがいまだに忘れられません)
    脳波をとり異常なしで今はもう小5です。
    熱発のたびに夜中起きてケイレン起きないか我が子を見つめてました。
    あのときの本当になんとも言えない気持ちを思い出しました。
     
    お子さん、早く元気になりますように。
    奥様、眠れるときはぐっすりと体を休めてくださいね。
     
    どうぞおだいじになさってくださいね。

    Comment by utiyanen — 2008年2月8日 6:29 PM
  14. 大事にならなくてよかったですね~
    緊迫感のある内容だったのでドキドキしながら読んでました
     
    ウチの子は経験がないのですが、同じことが起きたとしたら
    同じように夫婦で焦っていたと思います。
     
    ここで、みみすけさんが書いていただけたので
    私を含め経験の無い親御さんたちは、心構えができたとこに
    感謝いたします。
     
    山形は残念でしたが、同じことが旅先で起きたことを考えると
    お子さんの親孝行だったかも知れませんね。
     
    あと・・・ブログ全体を読ませていただいたんですが、とっても
    ストーリーや表現力が素敵で、説得力がある文章を書かれるんで
    うらやまし~いです。

    Comment by dacyan — 2008年2月8日 6:40 PM
  15. いや~、びっくりされましたよね・・
    読んでてすごくどきどきしちゃいました。
     
    ワタシ自身が子どもの頃、何度もひきつけおこして、ひどいときは、病院へ行った車の中で、行き帰りに起こしたそうです^^;
    母に聞くと、「熱出すたんびで、数え切れない」といっております。
     
    小学校に上がって体力がついてきたな~と思ったら、ぱったりなくなったそうです。
    熱のさがりはな、急激に下がった場合にもあるようですね。
     
    おそらく熱がさがっても、体力がなくなってるでしょうから、連休はお大事になさってください~。あ、もちろん、お疲れになったパパママも!

    Comment by Kalen — 2008年2月8日 8:35 PM
  16. これはドキドキですね~
     
    とりあえず大事じゃなくて何よりです。
     
    のんびりと週末を過ごしてくださいね。

    Comment by mb190spl — 2008年2月8日 10:09 PM
  17. 大事にならず良かったですね。
    これは親ならだれでもパニックですよ。
    人事とは思えない出来事です。
    週末はとにかくゆっくり過してくださいね。

    Comment by しましまパパ — 2008年2月8日 11:35 PM
  18. ■□□□  blueさん こんにちは
     
    ようやく、コメントできるほど過去のことになって来ました。
     
    blueさんのところも経験者ですか。
    私は目の当たりにして無いですから、実際その場にいたら、大変だろうと思います
     
    座薬、入手しました。ありがとうございます
     
    ■□□□  くーちゃんママさん こんにちは
     
    かなりびっくりしました。
    でもカミサンがかなりパニックだったようです。良く頑張ったと思います。
     
    Kenちゃん、今は、いつもと変わらない感じに回復しました。
     
    山形は残念ですが、まあ、これもイベントのひとつと思って、、、
     
    ■□□□  tomo0104さん こんにちは
     
    そうですか。うちは二人とも経験がなかったので、どうなってしまうか非常に怖かったです。おとうさんが経験者だと安心ですね。
     
    6歳を超えるとあまりならなくなるそうですね。
     
    それまで、座薬は持ち歩こうかと思っています
     
    ■□□□  あがちゃん こんにちは
     
    本当にそうですね。コテッといくので。
    でも今回痙攣ってびっくりでした。
     
    うちは、ちょっと前まで、パパの後ろに
    「パンダがいっぱいいるよ。」といわれました
    私の守護霊はパンダらしいです。
     
    ■□□□  lagさん こんにちは
     
    ようやく、ひと段落という感じです。
    ちょっと今回は ひやりとしました。
     
    ほんと、いつもの通りって幸福なことなんですね。
     
    ■□□□ liltさん こんにちは
     
    実際あわてました。
    カミサンには、あまりあわてずになんていってたけど。。
     
    週末は、いつもの息子に戻ってます。
    まだ風邪っぽいですが、普通に風邪っぽいので安心しています。
     
    ■□□□ jbmhさん こんにちは
     
    ありがとうございます
     
    引越しの朝、身ごもっていらしてそれは
    かなり大変だったのではとお察しいたします。
     
    ほんと、普通に元気が何よりですね
    今回実感しました。
     
    ■□□□ Booパパさん こんにちは
     
    奥さん、知識、それはたいしたものです。
     
    私は聞いたような気がしましたが、とても
    119番呼ばなくて大丈夫なんて言えなかったと思います。
     
    記事、ありがとうございます。緊迫感伝わりましたでしょうか。
    普通が一番なんですよね~
     
    ■□□□  kumataroさん こんにちは
     
    今の時期、風邪からいろいろなことがありうるのだと、思いを新たにしました。
     
    kumataroさんのところも、いろいろすごい経験されてますね。そういうことも気を付けなきゃって思いました。
     
    ■□□□  marurinさん こんにちは
     
    うちも4歳(もうすぐ5歳)になって初めてです。かなりびびりましたね(夫婦で)
     
    山形残念でしたけど、そんな風に言ってもらって、とても元気が出ました。どうもありがとう
     
    ■□□□  yutaさん こんにちは
     
    無事でよかったです。熱痙攣は、それほど怖いものでは無いようですが、初体験の私たちには事件といえるほどの出来事でした。
     
    子供って本当に自分達の常識では測れないですね。
     
    ■□□□ naminosabaohさん こんにちは
     
    実はうちも二世帯住宅。階下には親世帯があるのですが、折り悪く親は不在だったそうです。
    まあ親がいても、これは初体験なモノだったのでどうもできなかったかも。。
     
    娘さん、とても優秀でしたね。
    二世帯は二世帯のよさとびっくりがありますね。
     
    ■□□□  utiyanenさん こんにちは
     
    細かく教えてくれてありがとう。
    そうですか、それはutiyanenさん も大変でしたね。
     
    うちの場合と重なりながら見せてもらいました。小5ならばもう心配は無いですね^^)y
     
    これからを思うとき、心配もありますが
    まあ、ナントカなるさで、明るく行きたいと思います。
    座薬の名前、同じものを入手しました。
     
    ■□□□  dacyanさん こんにちは
     
    緊迫感伝わりましたか。かなり緊張の一日でした。
    参考になるといっていただけ光栄です。
     
    ほんと、山形で起きてたらとぞっとします。
    今後キャンプに行くときは座薬を持ってくようにします。
     
    ■□□□  Kalenさん こんにちは
     
    正直びっくりしました。引付ということも知らなかったし、意識失うとは。。
     
    そうですかKalenさん自身が経験者なのですね。
     
    そうですね。体力。子供の体力は良くわからないので、大事を取って休ませようと思います。
     
    ■□□□  mb190splさん こんにちは
     
    しょうじき、どきどきの緊迫した一日でした
     
    カミサンは良く頑張ったと思います。
     
    青野原にいかれた人のBlogを見ながら
    今日は子供を診ていようとおもいます。
     
    ■□□□  しましまパパさん こんにちは
     
    しょうじきカミサンは良く頑張ったと思います
    緊張の一日でした。
     
    ゆっくりとする週末なのですが
    こどもは見た目、元気ありあましています
     
    夜まで熱が上がらねば良いが。。。

    Comment by みみすけ — 2008年2月9日 3:53 PM
  19. ■□□□ dacyanさん ぬかしてしまったことが。。。
     
    Blog、ほめていただきありがとうございます。
    あまり正直どのへんが良いか自分ではよくわからないのですが、そんな風にいっていただけると、拙い記事ですが、これからの励みになります。
     
    今後ともよろしくお願いします~m(_o_)m

    Comment by みみすけ — 2008年2月9日 4:26 PM
この記事へのコメントを投稿

現在、コメントフォームは閉鎖中です。