旧市街の散策(オーストリアの旅 その6)

4/29~5/6までオーストリアを旅してきました。

(ウィーンにいる姉夫婦を尋ねました)

これは、その6回目。5/1のレポ(ザルツブルグで市内観光ツアー中)

旧市街という、かつてモーツァルトも馬車で宮殿に通った道を歩きながら

いろんな建物を見ました。(かなり駆け足でしたが)

観光は、LightBoxのコメントともにどうぞ。

<スライドショー見たいときはClickしてね>

サウンドオブミュージックのマリアが通っていたノンベルク修道院の屋根を見ながら、このあと、一行は、モーツァルトの生家へ。

生家に入る前に、いろいろ説明をして(というのは、中でのガイドは禁止されている)
予めどこに何があるという説明を受け生家の中へ。。。
しかし、ありのままのモーツァルトの生家ではなく、アメリカのデザイナーがいろいろ装飾をしたらしい。。。

はっきり言っていらない。怒パンチ

カミサンも
「ありのままの、何にもない部屋なら、それを見せて欲しいのに。。」

と、ちと残念そう。。

まあ、一室に、昔のえらい小さなピアノ?!と寝床がありました。
これが主な住居だったんだろうな。。

そう思いました。

さて、モーツァルトの生家をでてからは、一路新市街に戻ります。
ここまで、なんとか付いてきていたKenちゃん。

「Kenちゃん、もうあるけないよ」とくたびれた風で言いだしました。
さすがに6000歩は辛そうだ。
それに大人の早足に頑張って付いてきたんだもんなあ。

おぶって戻ることにしました。
おぶられるとうれしいらしく、周りを見ながらニコニコのKenちゃん。

ガイドさん「あ~、ちょっときつかったなあ。ごめんよお」
聞けば、7歳の娘さんがいるという、なにかと大変な年頃らしい。

Kenちゃんのことはずっと気にかけてくれていた様子。なかなか面白いガイドさんでした。
新市街の中心に戻ると、ガイドさんからの話。

「私のガイドはここまでです。この後、バス(20人乗り)に乗って、ザルツカンマーグートへの旅を彼女がエスコートします」と苗字が同じ日本人の女性を紹介。彼は引き上げていきました。

バスに皆(日本人10数名)乗り込み、今度はバスの旅。
「案内を受けました小○です。先ほどの小○は私の亭主です。」

あ~、夫婦でやってるんだ~。なかなか大変だ~ニコニコ

これより、ザルツカンマーグート地方へとバスを走らせ、途中船での遊覧もしつつ、サウンドオブミュージックの結婚式のあったモントゼーの教会まで参ります。

へえ~。なんだか盛りだくさんらしいですぞ

~ つづく ~

===============================
船に乗るなんて書いてないよ~(旅行行程表)。
まあ楽しけりゃいいんだけども
↓         ↓         ↓
人気blogランキングへにほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ人気ブログランキング
===============================

関連記事↓
【出発編】
レポ開始します(オーストリア旅行 その1)
【ウィーンを歩く】
ウィーンを歩く(オーストリア旅行 その2)
ザッハトルテとJW(オーストリア旅行 その3)
ウィーン市内の散策(オーストリア旅行 その4)
【ザルツブルグ】
ザルツブルグへの旅(オーストリアの旅 その5)
旧市街の散策(オーストリアの旅 その6)
【ザルツカンマーグート】
ザルツカンマーグート観光(オーストリア旅行 その7)
ザルツカンマーグート観光からの帰り道(オーストリア旅行 その8)
【オーストリア旅行】
ウィーンの滞在(まとめ)(オーストリア旅行 その9)



  • こんばんはー。
    写真が(特にトップのが)例の番組と同じ景色だぁ!と思いました。
    今日その番組を家事をしながら『ながら見』したんですよ~。

    番組ではモーツアルトの生家の前に観光客が集っていましたが、
    なるほど、外で説明を済ませるためなんですね!
    でも、そういう風にもったいぶっているくせに、
    アメリカのデザイナーに装飾任せてるなんて!(-_-#)

  • 外車の右脇に見える白い車は・・・

    日産マーチ??

    日本車(あっちでは外車か)はけっこうありましたか?^^

  • お子さんよく歩きましたね。よくがんばりました!!!
    生家内は撮影禁止なんですね。
    見たいなー。
    デザイナーが装飾しなくても、ありのままが見たいですよね。

  • お子さんがんばって歩いたんですね~~^^
    ガイドさんもかなりの子煩悩とみましたよ☆
    よその子でも気になっちゃうんでしょうね。

  • こんにちはぁ~お久しぶりです(^ー^* )
    お忙しいのにメールやら色々ありがとう御座いました!!
    徐々に復活して行きたいと思いますので、これからも宜しくお願いします。

    みみすけさんが海外に行かれるのは聞いていたので、沢山UPされてるんだろうなぁ~と思ってましたがやはり!!!すごい(°口°;) !!

    今、じっくりと読んでますけど…
    本当僕も海外未経験なので、別次元の世界に思えて仕方ないです。
    友人も昨年、ヨーロッパを2週間かけて回って来たそうですが、やはり写真を撮りまくったそうです。
    どこを撮っても絵になるというか、新鮮なものばかりだから…
    観光そっちのけで、ずっと写真を撮っている気がします。

    ちなみにみみすけさんは全行程で何枚位写真を撮られたんですかね??

    って…明後日聞けよって話ですね(≧∇≦)/ ハハハすいません。

    長くなりましたが、土曜日は何卒宜しくお願いします( ^.^)( -.-)( _ _)
    娘ともども、かなり不束者ですが…

    アーリーで朝一チェックインを目指します!

  • ■□□□ ほるんさん こんにちは

    そうですねえ。ここはやっぱりこの街ではずせない光景です。^^

    そうなんです。モーツァルトの生家がやっぱりこの町の観光名所な様です
    それだけに、騒がしくないようにという規制なんでしょうねえ。

    でも、デザイナーの芸術は、天地をさかさにして見せたり
    旅をなぞらえて、鳥にモーツァルトを模してみたり
    おじさん顔のモーツァルトが、ゆりかごに入っていたりと、
    ちょっと、「う~ん」と考え込んでしまいました。

    ただし、4~5階建てなのですが、階下を降りると
    オペラの脚色ごとの舞台を模型にして(脚色家により違いを明示している)
    見せたりと、面白いところもありました。

    ■□□□ simojiさん こんにちは

    白い車、、残念ながら車種はわかりませんでした。
    気をつけてみていなかったのですが、日本車はあまり無い様に感じました。
    以前、やはり姉達がロサンゼルスにいた時も行ったのですが、その時は日本車が
    3割ぐらいだったんですが。。。
    オーストリアの車の半分はビーエムやワーゲンだったような気がします。

    ■□□□  utiyanenさん こんにちは

    デザイナーの装飾は、残念でした。でも子供は目新しさがあってちょっと持ったのが意外でした。

    生家内、写してる人もいましたが、私は言われたとおり無しで通しました。
    でも実際、それほど写したいものも無く(爆)

    ■□□□  野営番長(`・ω・´)さん  こんにちは

    ええ、そうですね。

    ただ、たぶん、装飾しないと、ほんと、何にもない部屋なんだと思います
    (特に現地の人にしてみれば、みずぼらしいかぎりの)

    ■□□□  しましまパパさん こんにちは

    歩いてました。今考えると頑張ったと思います。
    旅先だとこっちも余裕無いので、あるけよお、見たいな感じになりがちですが

    ガイドさん、ホント子煩悩で、息子にリアクション取りつづけてくれました。
    子供がいると、やっぱよその子も気になりますよねえ。不思議に^^)

    ■□□□  liltさん   こんにちは

    お久しぶりです~
    元気回復した様で何よりです。仕事も無理せずにね~

    写真は撮りまくりましたね~^^;)。結局800枚は超えてるような気がします。
    しかし、Avモードを主にしてたんですが、初だったこともあり、ボケ写真が多いです(ToT)y

    結構、キャンプカテゴリーで、長々と海外レポもどうかと思うのですが、
    家族の記録でもあるので、このまま続行しようと思います。
    (とは言え、中部オフもあるので、どう展開していくか難しいところですが)

    中部オフはよろしくです。
    今日、親にも遠すぎるんじゃないかと言われました。
    わかるような気がします。

    今後の為にも慎重に行ってきたいと思います
    liltさんも距離はさほど違わないはず。お気をつけて。現地で楽しみましょう!