2010年のクリスマスの出来事

昨年のクリスマスのことですが、子供の成長記録を兼ねて残しておこうと思います。

この日は、うちは家族でお祝いをします。姉夫婦や、両親、そしてうちの合計7名。
そして、今年も出しモノのメインは、マル鳥。

当然、私が担当です。
でも、レシピは、クレームがついて、今年はカミサン好みのレシピに決定
(石鍋シェフのカンタンなんとかレシピってやつなんです。
ブックオフにて入手。しっかり者のカミサン)

このマル鳥。
ピラフを入れて、お尻をホチキスで留めるんです。

「ホチキスは駄目だろう!!」
みみすけは、力説しますが、カミサンは
「石鍋シェフに逆らう気??」
となんだかかなり立腹しています。

でも結局、タコ糸で縫うことで同意しました。
「やれるもんなら、やってみなさい」
ということらしかったです。

そんなわけで、クリスマスの昼にKenは一駅先の空手道場のクリスマス会へ、
車の迎えは4時半なのでカミサンもいったん戻ってきて、
準備におおわらわ。
みみすけも、4時から仕込み開始。
ピラフを作って、マル鳥の尻から詰め込んで、
タコ糸で縫う。

「う・・・手が滑って、針がマル鳥から抜けない」
タコ糸なので、糸が太くて、鳥の皮のところで
突き抜けなくて止まっちゃう。
針を持つ指の握力の無さが問題です。

「あ~どんすんべ」
そうだ

ペンチを持ってきて、ペンチで針をしっかりとはさみ
これで縫うと結構簡単に縫えました。
(見てたら、きっとカミサンは、ホチキスにすればいいのにと
云ったと思います。
ホチキスは最後に切り落とすレシピなんですが
わからなくなったら大変と思うので)

そんな時、携帯が鳴りました。カミサンからです。

「Kenちゃん、居ないんだけど何か連絡あるかなあ~」
午後の4時40分ごろです。空手道場は通常4時半に終わるのですが
クリスマス会で10分ほど早く終わったとのこと。
いつも外で待ってるKenちゃんなのですが
今日はその定位置にいないというのです。

「道場にも聞いて見たんだけど、もう帰ったって言うのよ。
待ってる事になってるのに」

一駅も先の空手道場なので、当然のことながら
現時点で家にいるわけもなく、
続けて探して見るということになりました。

電話を切っても、なんだか、気になりましたが
とりあえず仕込みを続けます。まあちょっとトイレにでも行ってて
離れたとか、そういうことかもしれない

仕込みを続けること20分。5時ごろまた、
カミサンから電話があります。
「そっち、帰ってきてない?」

カミサンは、通りの人間に目を凝らしながら探し回ってもいないので
来るまで走っては止まり、走っては止まりしながら
こちらに向かって、車で帰ってくる途中です。
でも、Kenらしく人影は無いというのです。

まあ、帰ってくることも考えられなくはない。
とにかくさらに探しながら戻るように言い、電話を切ります

とはいえ、気になって仕込が止まります。

まさかとは思うが、さらわれたのでは。

今まで、Kenが待ち合わせ場所から居なくなったことは無く
今日はクリスマスという特別な日。
サンタの格好したサンドイッチマンだって、通りには出てるかも知れない。

そんなことを考えると、前に見た「あかね空」という映画を思い出します。

いろいろ考えますが、さらに10分後、こちらからカミサンに連絡。
「まだ見つからない?」
「全く分からないわ」
「今どこ?」
聞くと2/3ぐらいは戻ってきています。

「おかしいな・・・」
「そう思う・・」
「警察に電話しようか、早い方が良いに決まっているし・・」
「・・・・うん、、、じゃあそうして」

なんて言うんだろうと思いながらも、
携帯を切って、家の電話で警察に電話。
「非常の連絡ですか?」
「あの、子供がいなくなりまして・・・」

年齢や性別など、状況を話しているところで

ピンポーン

「今、なったみたいですけど」と警察の方

あ、はい

Kenが「ただいまあ」
疲れた顔で門の外にいました。

電話の警察の方にただただ、お詫びをし、
拳固したり、抱きしめたりと大騒ぎでした。
事の重大さに、Kenも気づいたようでさんざん泣きながら
謝っていました。

すぐに、カミサンの携帯に連絡。

ほっとして帰ってきたカミサンが延々とKenをしかり続けたのは
言うまでもありません。

どうも、Kenはクリスマスパーティが空手道場で終わったら
家のパーティのことで頭がいっぱいになっちゃったらしく、
どうしてもすぐに帰りたくなってしまったらしいのです。
かなり待ったけど、カミサンが迎えに来なかったと思ったみたいで
空手道場のパーティが早く終わったのも、一因ですが
実際には15分も待っていないのに、もう迎えは来ないと
(カミサンは忘れている)と判断して、一駅歩いて帰ってきました。

何考えとるねん!

道は着くころにはかなり暗くなってましたので、
本人もかなり心細かったと思いますが、どれだけ心配したことか。

「親の心はわからないのよねええ」

そんなことをパーティに来た、私の母がニコニコしながら
話していました。

結局、仕込遅れにより、30分遅れで始まったパーティは、
楽しく行われ、最後はKenのバイオリンで締めくくりました。

ああ、楽しいクリスマス会になってよかった。。。

p.s.
その後、Kenは帰宅について、いくつかの対処法と、
守るべきルールを言い渡され、
守らなかった場合にKenにとって致命的な罰がかされることになりました。

クリスマスプレゼントのふくろうを見るKenコーンとお米をいためていますマル鳥のお尻にピラフを詰め込みますクッキングペーパーにくるみます

電子レンジで、三分、ひっくり返して1分。これで形が固まりますフライパンで、側面に焦げ目をつけますめんどくさいので、ガスオーブン君登場いい色にこんがり焼けてきました

できあがり~。皿の上にマル鳥を移します食卓のデザインは、カミサンですさて、そろそろクリスマスパーティが始まります最近やってらんなくってよお(怒られちゃったしよお)。酒屋のオヤジの図

乾杯後地味に飲んでます。。ジュースです切り分けにいそしむみみすけ皿の上のまるどり。奥にコーンピラフが詰まって見えますジューシーチキンクリスマス気分ですまるどりと食卓の色どり物凄い速さでなくなっていく丸鳥クン次はkenががんばる出し物。バイオリン

Kenもバイオリンうまくなりましたバイオリンを弾くバイオリン

=======================
このサイトに来てよかったと思っていただけた方は
是非CliCK、お願いいたします

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
=======================
Filed under: クリスマス — みみすけ 8:02 AM  Comments (3)

クリスマスで丸鶏を^^;)

12/23は飛び石の休み。
両親 4人と、最近山形から戻ってきた妹夫婦との4家族でクリスマスパーティをしました。
もうシーズンを過ぎたネタですが、家族の記録ということでご勘弁を^^)y

(more…)

=======================
このサイトに来てよかったと思っていただけた方は
是非CliCK、お願いいたします
↓         ↓
人気blogランキングへにほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
=======================
Filed under: イベントドリブン,クリスマス — みみすけ 8:38 PM  Comments (4)

サンタさん、全速力で(サンタカメラ)

サンタさん全力で
向かっています。

Kenちゃん。慌てています。
「早く寝なくっちゃ~~~」
そうだよ、とっとと寝てくれ、サンタさんにも都合ってもんがあると思うぜ(爆)^^

↓クリスマスにちょっといい話はこちら
2007年記事
ヴァージニアに愛を込めて
ルドルフを知っていますか
クリスマスキャロル
2008年記事
こころのチキンスープ
エリクソン博士とおばあさん
シークレットサンタ
かっちゃんと縦笛

2008年ちょっとした話の記事
マザーテレサ
座右の銘

【Click募金】
よろしければ、世界の子供たちに、あなたもプレゼントをClick。。。(支払いはスポンサーにお任せを)
寄付される団体 スポンサー %(活動/寄付金) 備考
WWF Japan 第一三共 80.9%
日本ユニセフ協会 日本製粉 80.8%
日本盲導犬協会 価格.com 80.0% 人件費を含む
世界の医療団 第一三共 78.6% 人件費を含む
ファミリーハウス エイブル 69.4% 人件費を含む
ChildFoundJapan 価格.com 64.6%
国境なき医師団(MSF) CHINTAI 63.9% ノーベル平和賞受賞
Make A Wish Japan KDDI 32.5%
=======================
このサイトに来てよかったと思っていただけた方は
是非CliCK、お願いいたします

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
=======================
Filed under: イベントドリブン,クリスマス — みみすけ 9:06 PM  Comments (6)

シークレットサンタ

レミゼラブルにでてくる、神父様はなんといったっけな。。。
名前が出てこないが。。。

私は私のヒーローである、あの神父様の成長のくだりが大好きです。
「彼が、どのようにして神父になったのか、それを知る者はいなかった。
わかっているのは、あの飲んだくれの女癖の悪いろくでなしが、旅に出かけ
何年か後に帰ってきた時は聖職者になっていた事だけだった」

人は秘密の部分にヒーローを思い描くのかもしれません。
レミゼラブルにおいて作者は、罪とはなんなのか、それを犯してしまう
前提はなんなのか、それを問いかけている気がします。
この話を聞いたとき、なぜか、このことが頭をよぎりました。
皆さんはどうでしょうか。
では本編の始まりです。
(この話の主軸はアンビリーバブルというTVで紹介された内容に沿っています)

(more…)

=======================
このサイトに来てよかったと思っていただけた方は
是非CliCK、お願いいたします
↓         ↓
人気blogランキングへにほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
=======================
Filed under: イベントドリブン,クリスマス — みみすけ 7:07 AM  シークレットサンタ はコメントを受け付けていません。

エリクソン博士とおばあさん


今日最寄の駅前に帰ってくると、年末用の照明がライトアップされていました。
もう、こんな季節か。。。
郵便局員は駅の前にテントを張って(キャンプのじゃないですよ)年賀状を売ってます。
今日は金曜日、ちょっと夜長を気分よく過ごしたいですね。
そんなあなたに、これも有名な話ですが、ちょっとクリスマスにまつわる話をご紹介しましょう

(more…)

=======================
このサイトに来てよかったと思っていただけた方は
是非CliCK、お願いいたします

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
=======================
Filed under: イベントドリブン,クリスマス — みみすけ 8:20 PM  エリクソン博士とおばあさん はコメントを受け付けていません。

クリスマスの夜

ちょっと遅くなっちゃったけど、クリスマスの夜をUPします。
クリスマス・イブは家族でパーティーでした。うちは二世帯家族なので、両親を呼び、親子五人で食事をしました。
義妹が山形から送ってくれたシャンパンを開け、乾杯。Kenちゃんはノンアルコールシャンパン(ちょっと前にやった幼稚園友達のクリスマス会の残り)で乾杯。なんだか酔ってるよう。

サンタ追跡センターの中継を見ながら、「もうすぐ日本に来そうだ。」 などといいながら楽しく食事しました。カミサンの耳には、先日贈ったピアス。とても気に入ってくれたようで贈った甲斐がありました。

【深夜】
Kenちゃんが爆酔する中、ミッションコンプリーテッド。。
ツリーの下にかねてからの物をサンタさんがおいて、写真を頑張って撮ります。
横でカミサンが笑い転げてます。「この這いつくばって写真撮ってる様を撮りたい」

そして、朝。。

ドタ。。ドタドタドタ。
やっぱり来たんだ~。
叫ぶKenちゃん

と、そのまま袋を開けずに、袋を大事そうに持ってベットに逆戻り。。じっと余韻を楽しんでいます。
Kenちゃんには、サンタさんが来てくれたことが一番の出来事だったんだねえ

その後、、
Kenちゃん。袋を開けて、エレキングを見て一言。「ばらばらだよ」
「パパと二人で組み立てるんだよ」
「めんどくさいなあ」
「おいおい。怒汗(まったくあんたって人は)」

というわけで、今年のクリスマスイベントは結構盛り上がりました。
いつまでこの盛り上がりは続くのかなあ。短い期間かもしれないけど大事にしていきたいと思った今日でした。

===============================
このサイトに来てよかったと思っていただけた方は
是非CliCK、お願いいたします
↓         ↓         ↓
人気blogランキングへにほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ人気ブログランキング
===============================

=======================
このサイトに来てよかったと思っていただけた方は
是非CliCK、お願いいたします
↓         ↓
人気blogランキングへにほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
=======================
Filed under: イベントドリブン,クリスマス — みみすけ 9:20 PM  Comments (15)

ミッション・コンプリーテッド

サンタさん到着~。うちに来るサンタはクリスマスツリーの下にプレゼントをおいて行きます

=======================
このサイトに来てよかったと思っていただけた方は
是非CliCK、お願いいたします
↓         ↓
人気blogランキングへにほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
=======================
Filed under: イベントドリブン,クリスマス — みみすけ 12:38 AM  Comments (13)

サンタ追跡センター

またもや、kumataroさんのBlogで教えてもらった、サンタ追跡センター
現在、サンタさんが世界を走り回っている様をGoogle earth で3D映像で見ることができます。
ついつい見ていると時間を忘れます。子供もおおはしゃぎです。

=======================
このサイトに来てよかったと思っていただけた方は
是非CliCK、お願いいたします
↓         ↓
人気blogランキングへにほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
=======================

=======================
このサイトに来てよかったと思っていただけた方は
是非CliCK、お願いいたします
↓         ↓
人気blogランキングへにほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
=======================
Filed under: イベントドリブン,クリスマス — みみすけ 9:15 PM  Comments (6)

一年の感謝を込めて

昨日、大学の部活の同期と飲みに行ったときの話。

M氏   :「それで、お前は、クリスマスにプレゼントはしてるの?」
みみすけ:「そりゃ、子供にはサンタが必要だからね」
M氏   :「そんな話じゃないよ」

みみすけ:「???」
M氏   :「奥さんにクリスマスプレゼントしてる?」

みみすけ:「してるわけないじゃん」ニコニコ
M氏:   「いかんなあ、それは。。。」ZZZ…

何でも良いから渡すべきだというのが、彼の主張。一年の感謝を込めてなんでもよいから労をねぎらうのだという。考えもせんかったが、そういえば、結婚前には贈っていたっけ。汗

ふと思いついて、Kenちゃんとのトヨタ店からの帰り。駅前のジュエリーSHOPに寄って、二人ニコニコで選んで来ました。Kenちゃんに持たせたら、大事そうにもってわくわくしてる。
「こりゃあ、ママ喜ぶに決まってるでしょうハート勢い込んでるKenちゃん。

まあ、ほんの気持ちだけですけど。。まあ、確かに贈っても良いかもね

僕?、僕にはシャンティが良いかな(爆)

=======================
このサイトに来てよかったと思っていただけた方は
是非CliCK、お願いいたします

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
=======================
Filed under: イベントドリブン,クリスマス — みみすけ 10:36 PM  Comments (9)

クリスマス・キャロル

クリスマスに関する映画をひとつだけあげろと言われれば、私は「クリスマス・キャロル」を挙げるでしょう。知っている方も大変多い作品だと思います。

私にとって、クリスマスという日、クリスマスイブを意識させる映画であり、私が映画館で最初に見た映画で、なおかつ、今でも皆さんにお薦めしたい映画です。
(最近DVDが期間限定で発売されて、Getしました。今だとアマゾンで中古品がとても高値で売られています。)

1970年、映画などあまり行かない我が家、中学に入ったか入らないかの姉が、当時人気といわれるこの映画の試写会チケットを新聞社から手に入れて来ました。当時小学校に上がったかどうかの私は、映画というもののあり方もわからず、ただ家族一緒に試写会に招かれた付き人でした。

しかし、3人のクリスマスの精霊の話/人生の生き方の話は、ミュージカルという変わった世界と共に、幼い心にも深く残り、クリスマスがあるたびに、「心を清める」という言葉で鮮やかによみがえります。
作品自体も、繰り返しリメイクされており、時代を超えていくつもの作品があります。また「3人のゴースト」などという名のリメイク(?)等もあり、派生品は計り知れないと思います。

では、今日は、この『クリスマス・キャロル』というお話について少しお話しましょう。

本来、クリスマス・キャロルとは元々世俗的な共同体の「クリスマスを祝う祝歌」でしたが、キリスト教の聖日や行事に関連して歌われた物でもありました(『聖しこの夜』『もろびとこぞりて』など)。
クリスマス・イブの夜、教会に集まった子供たちが、街の家々を訪ねて、クリスマス・キャロルをうたう慣習が、欧米にはあるそうです。

物語は、そんなクリスマス・キャロルをけむたがった守銭奴、一人の初老の老人(スクルージ)が体験する、クリスマスイブの超自然的な一夜の出来事をつづったお話です。

この作品を書いたチャールズ・ディケンズはイギリスのヴィクトリア朝を代表する小説家ですが、最初は法律の事務員、そして新聞記者という履歴を持ち、小さい頃の厳しい貧乏の経験から労働者階級に同情を寄せた作風が色濃いといわれています。

そんなディケンズの労働者への熱い思いと慈愛の精神が注ぎ込まれた作品がこの「クリスマス・キャロル」で、1843年12月17日に発表された短編小説でした。

【物語の概要】
主人公は、エベネーザ・スクルージという初老の商人で、冷酷無慈悲、エゴイスト、守銭奴で、人間の心の暖かみとか愛情などとは、まったく無縁の日々を送っている人です。
ロンドンの下町近くに事務所を構え、薄給で書記のボブ・クラチットを雇用し、血も涙もない、強欲で、金儲け一筋の商売を続け、隣人からも、取引相手の商人たちからも嫌われています。

明日はクリスマスという夜、事務所を閉めたあと自宅に戻ったスクルージは、かつての共同経営者で、十年前に亡くなったマーレイ老人の亡霊の訪問を受けます。
マーレイの亡霊は、金銭欲や物欲に取り付かれた人間がいかに悲惨な運命となるか、自分自身を例としてスクルージに諭し、スクルージが悲惨な結末を回避し、新しい人生へと生き方を変えるため、三人の精霊がこれから彼の前に出現すると伝えるのです。

スクルージを訪ねる三人の精霊は、「過去のクリスマスの霊」、「現在のクリスマスの霊」、そして「未来のクリスマスの霊」です。

過去の精霊は、スクルージに元恋人イザベラとの楽しい日々。
愛しながら別れた追憶の青春を見せます。そのことからスクルージは、強欲のかたまりとなって行くのですが、現在のスクルージはこの過去のできごとの再現にいたたまれなくなります。

ふと目覚めると、今度は、現在のクリスマスの精霊が出現します。
現在の精霊は、スクルージを、貧しい中にも明るい家庭を築いて、ささやかな愛で結ばれたクラチットの家族の情景を示します。
彼らが自分のために祝ってくれるのを見て良心が疼くスクルージ。
クラチットの末子ティムが、脚が悪く病がちで、長くは生きられないこと見せられます。
スクルージは人間の善意について考えざる得なくなります。

貧しさや無知が、人間を悲惨にさせ苦しめるのであり、暖かい心の交流や博愛が、人間をこのような貧困や社会的悲惨から救うのであるというディケンズの考えが、ロンドンの下町の生き生きした描写と共に伝えられてきます。

そして再度目覚めると、そこには真っ黒な布に身を包み、一本の手だけを前に差し出した、不気味な第三の精霊・未来のクリスマスの精霊がスクルージを待っていました。
スクルージがぞんざいな扱いをしてきた使用人クラチットの末子ティム少年が、両親の希望も空しく世を去ったことを知ります。

事務所の前では大勢の人間が嬉しげに騒いでいました。それは「ある人間の死」を喜んでいたのです。取立てが無くなって。。。つまりその死人こそがスクルージでした。死の世界で彼は泣き叫びます。
悔い改めたいのです。そう心から叫ぶスクルージ。。。

夜明けと共に、苦しみの中で彼は目覚めます。そして悪夢のような未来が、まだ変えることができる未来であると気づくのです。
神に感謝すると共に家を飛び出し、七面鳥を買い、回転木馬を用意してクラチット家へ、休暇を十分与え給料も上げ、ティムへの援助を申し出ます。
こうしてスクルージの変化に町には笑いがあふれ、最後は大行進。。笑いがこだまします。
人を愛し、人のために尽くすことの重要さを我々に教えてくれる映画です。

昔、独身時代の日常は仕事付けの日々、今とは違い、お金は使う暇なく、溜まって行くだけの毎日でした。クリスマスには、暗い空を見上げ、スクルージとわが身を重ね合わせることもあった「みみすけ」。
満たされることを教えてくれた家族とのクリスマスは、あの日々のことを遠くよみがえらせてくれます。

心を清めるクリスマスイブ
思えば、マーレーの亡霊は、スクルージにとってはサンタさんだったのですよね
皆さんのところに行くのは、普通のサンタさんかなシーッ(たぶんそうでしょ^^)?

では、ちょっと早いけど、ありったけの思いを込めて、『メリー・クリスマス』ニコッ

=======================
このサイトに来てよかったと思っていただけた方は
是非CliCK、お願いいたします
↓         ↓         ↓
人気blogランキングへにほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ人気ブログランキング
=======================

↓クリスマスにちょっといい話はこちら
2007年記事
ヴァージニアに愛を込めて
ルドルフを知っていますか
クリスマスキャロル

2008年記事
こころのチキンスープ
エリクソン博士とおばあさん
シークレットサンタ
かっちゃんと縦笛

=======================
このサイトに来てよかったと思っていただけた方は
是非CliCK、お願いいたします

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
=======================
Filed under: イベントドリブン,クリスマス — みみすけ 8:44 PM  Comments (6)