ルドルフを知っていますか

今夜は夜空がきれいです。空を何かがひた走っているかもしれません。

ダッシャー、ダンサー、プランサー、ヴィクセン、ドンダー、ブリッツェン、キューピド、コメット。これが、何の名前かわかる人、日本では相当なクリスマス好きの方になるでしょうか、そう、これら8頭は、サンタクロースが乗るそりを引くトナカイたちです。

じゃあ、題名のルドルフは?
ルドルフこそ9頭目のトナカイ。8頭より先を走る赤鼻のトナカイなのです。

ルドルフを除く8頭のトナカイたちの名前がアメリカ文学に最初に現れたのは、1823年、クレメント・C・ムーア(Clement Clark Moore)という人の書いた「 A Visit From St.Nicholas」という詩で、「The Night Before Christmas」という題名で日本では、よく知られてます。

しかし、ルドルフがサンタのそりを引くようになったのは、それからずいぶん後のことなんです。
今宵はちょっとその話を。。。


1930年ごろ、シカゴに住むボブ・メイは、通信販売会社モントゴメリー・ワードの宣伝原稿を書く仕事をしていましたが、暮らしは貧しく、安い給料で遅くまで働かなければなりませんでした。
それは、非常に厳しい時代でした。ちょうど、ウォール街で株価が大暴落をし、恐慌に世界があえいでいた頃です。

彼の宝は、若い妻のエヴリンと幼い娘バーバラでした。しかし、バーバラが2歳の頃から、エヴリンがガンで寝込むようになりました。エヴリンの容体は日増しに悪くなり、ベットから起きることも出来なくなったのです。

ある12月の夜、4歳になった娘のバーバラが、ふとボブに尋ねました。
「ねえ、パパ。私のママは、どうしてみんなのママと同じじゃないの?」

バーバラは子供らしい好奇心で、寝たきりの母親のことを尋ねたのでしょう。ボブは思わずバーバラを抱きしめました。

貧しい中、せめて、この子を幸福な気持ちにしてやらねば。何かを言ってやらなければ。。。
幸せな気持ちになれるような何かを。けれど一体何を言えばいい?

思い出したことは、自分の幼い頃のことです。ボブは、身体が弱く小柄な少年でした。小さな子は、残酷なことを無邪気にしてみることがあります。彼のクラスメートは、彼が痩せているのをはやしたて、彼を泣かせて喜んでいました。

ボブは呼吸を整え、顔を上げました。自分の中からありとあらゆる想像力と勇気を集めました。それから、娘に向かって話しはじめました。

「昔々のこと、ルドルフというトナカイがいたんだ。ルドルフは、世界にただ一頭しかいない不思議なトナカイだった。それはね、ルドルフは、なんと大きい、真っ赤なお鼻をしてたんだ!
あだ名はもちろん『赤鼻のルドルフ』さ!」

神様に創られし生き物は、たとえそれらが普通の人や動物と違っていても、いつかきっと奇蹟が起こり、幸せになることが出来る、ボブはそれを言おうと思っていました。
娘のために、病と闘っている妻のために、そして、自分自身のために。

「でもね、ルドルフは幸せだったと思う?ほんとは、ルドルフはそのお鼻のことでとっても悩んでいたんだ。だって、みんなは自分を見て大笑いするし、悲しくて仕方がなかったんだ。」

バーバラは瞬きもしないで聞いていました。

「ところが、あるクリスマス・イヴのこと。サンタさんがソリで出発しようとした時、急に霧が広がり始めたんだ。サンタさんは、思わず眉をひそめちゃった。霧が深いと子供達のいる家の煙突を探すことが出来ないからね。

その時、サンタさんはルドルフのことを思い出したんだ。
サンタさんは、ルドルフのことをよーく知っていた。その真っ赤なお鼻のこともね。

サンタさんが辺りを見回わすと、群の後ろで見送りに参加しているルドルフが目に入った。なんとそのお鼻は、いつも以上にきらきら輝いていたんだ!

サンタさんはすぐ、黙ってルドルフに近づくと、ソリのところへ連れて行き、チームの一番先頭にルドルフを立たせたのさ。ルドルフはもう、夢を見ているような気持ちだった。
そのルドルフの耳に力強いサンタさんの声が聞こえた。

『さあ、行こう、仲間たち!!世界の空へ!!子供たちの夢へ!!』

トカナイたちはいっせいに身を躍らせた。ルドルフのお鼻がひときわ明るく輝いた。
もうそれはまばゆい光になっていた。

9頭のトナカイは、空へ駆け上がった。霧の中にルドルフの輝きがすうっと線を描いて消えたんだ。その夜、ルドルフはサンタさんのソリを立派に先導したしたんだ。霧も、雪も、吹雪も、ルドルフがついていたら平気だった。

そうして、ルドルフはもっとも有名な、みんなに愛されるトナカイになったのさ。ずっと昔、恥ずかしくて隠したくなった真っ赤な大きなお鼻は、今ではみんなから一番羨ましがられるものになったんだ!!」

バーバラは、輝くような笑みを浮かべました。喜びで表情が変わっていました。ボブの思いは見事にバーバラに届いたのです

けれど、それからが大変でした。小さなバーバラは、毎晩ボブにそのお話を聞きたがりました。ボブは娘を寝かしつけながら、ほとんど毎晩のようにそのお話をしましたが、バーバラはそれでも毎晩続きを聞きたがるのです。

やがて、ボブに素晴らしい考えが浮かびました。お話を本にして、クリスマスに娘にプレゼントしてやろう。
貧しい暮らしでは満足なプレゼントは買ってあげられませんが、手製の本ならば紙とペンがあれば作れるんですから。

ボブは毎晩娘が眠ってから、遅くまで「ルドルフ」のお話を詩にし、綺麗な本に仕上げる作業に没頭しました。
それは、どんな時も絶えることがありませんでした。つらいつらい、妻のエヴリンの死も乗り越えて、その作業は続きました。。

そしてようやく出来上がった、ボブ手作りの「ルドルフ」を見て、バーバラが歓声を上げた数日後、ボブは1938年の会社のクリスマス・パーティに呼ばれました。

仕方なくパーティに出席した彼は、余興として自分の書いた詩を持って行き、それをみんなに読んで聞かせました。はじめガヤガヤしていた仲間たちでしたが、次第に話し声が聞こえなくなり、詩を読むボブの声が終わると一斉に拍手が湧き起こりました。

1939年、ボブの詩は会社から「赤鼻のトナカイ(“Rudolf the Red-Nose Reindeer”)」と題され発売されました。
それから、「赤鼻のトナカイ」という曲が出来る1949年のクリスマスまでに、この詩は6百万部を売るベスト・セラーになりました。

長い苦しく不幸な年月を過ごし、愛妻と悲しい別れをし、そして、ルドルフを通してこの上ない成功をおさめたボブは、クリスマスが来るたびに心静かに思い返したといいます。

「あの夜、愛するバーバラがあの質問をしてくれなかったら、ルドルフはこの世には生まれなかっただろう。なんと不思議な瞬間だったのか。私は神とエヴリンとバーバラに心から感謝している」

。。。。。

奇跡は、意外に身近な小さき者の近くに居るのかもしれません。
あなたはどう思われましたか?

=======================
このサイトに来てよかったと思っていただけた方は
是非CliCK、お願いいたします
↓         ↓         ↓
人気blogランキングへにほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ人気ブログランキング
=======================

注:この記事については、一部 http://victorian.fortunecity.com/rodin/485/carols-special-index.htm#songs(野上絢訳)から記事を参考にしたところがあります。

↓クリスマスにちょっといい話はこちら
2007年記事
ヴァージニアに愛を込めて
ルドルフを知っていますか
クリスマスキャロル

2008年記事
こころのチキンスープ
エリクソン博士とおばあさん
シークレットサンタ
かっちゃんと縦笛

=======================
このサイトに来てよかったと思っていただけた方は
是非CliCK、お願いいたします

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
=======================
Filed under: イベントドリブン,クリスマス — みみすけ 10:27 PM  Comments (13)

Translate »