尾白の森キャンプ場 その2(初日)

みみすけです。尾白の森キャンプ場の4日間の始まりです。

家当日
6:00amに起きる(この時点で寝坊)。
慌てて、荷物をセットし、冷蔵庫のものも取り出し、車に詰め込む。

結局、
7:40ぐらいに出発

kenちゃんが、お腹すいたとのたまう。
談合坂SAにて朝食。

おにぎり、きつねうどん
蕎麦は本場で食いたい。ラーメンで済ませる。

ローソンで昼飯を購入
しかし、たまらず、そばを購入
カミサン、おにぎり
(なんで、そんなにおにぎり好き)
Kenはお稲荷さん

そうね~11:30ぐらい
到着、ゴミの仕わけを聞く。
ゴミ袋は有償だが金額は微々たる物。支払いは最後に済ませるようだ。
予め一部は入金しておく必要がある。
4日宿泊と聞き、通して居られる場所を、いろいろ考えてくれるおばさん。
いい人だ

場所を確定させると、一斉にテントとタ―プを作りだす
Kenもポールを持ったり、ペグをうちこんだり とお手伝い。
ちょっとは使えるようになってきた。

でも、すぐ蛙を追っていってしまう。
それほど小さめの青ガエルが多い。

048.gif1:00過ぎ
テントとタ―プが出来上がり
すぐさま、タ―プで食事。
結構、涼しいので、これだけでまったりできそう。

カミサンはテントを網にして全解放でお昼寝。
木立の中のテントなので、暑すぎず、涼しい風が抜けていく。

Kenは100円均一で大きなシャボン玉の製造機(ブレードタイプ)を持ってきている。
しかし早速、こぼしたり、使いきったり液が無くなった。
嘆くKen。しかし、私が持ってきた(1年以上も前に買った精製水やらグリセリンやら)
調合液でより強いシャボン玉ができて大はしゃぎ。

私はと言えば、新しいキャンプ道具に
夢中。

ユニフレーム(UNIFLAME) ツインバーナー US-1900
ユニフレーム(UNIFLAME) ツインバーナー US-1900
US-1900(2バーナー) ガスを使う2バーナーとして US-1900とST-522のどちらにするか悩んだがこれにした。 理由は、ST-522は別売りのものも買わないと いけなそうなので、カミサンだと失敗しそうというのが 懸念材料。 2バーナーにするからは、カミサンにも 取り扱いやすいものでなければいけない というのがコンセプト。 最初横にして、カセットコンロの取り付け方が よくわからない。 口を押しつけた後、ボンベのお尻の所に 引っかけるように取っ手を手前に引くとかちりとセットされた。 まあ、要領だな。 最初の点火は、ぼわっと大きく燃えて、思わずのけぞった。 あとでわかったのだが、横にしてセットしてる事もあり セットした後の最初の点火は気をつけた方が良い。 (カミサンが使う時に最初だと、怖がって二度と 使ってくれないだろうと思うので、セットした後 左右、各々確認で、点火することにする。) 隣のテントとの若い集団が、サイト内を平気で通り、 テントのすぐ横(50cmぐらい)をしゃべりくりながら通る。 カミサンがびっくりして目を覚まし不満顔。 これはまずい。 どうも不慣れな集団の模様。 仕方ないので、途中まで掲げておいた洗濯ものを吊る紐を、 うちの敷地の境界線あたりまで紐を延長し(20mくらいあるので余裕) 入りにくいようにして食器を洗ったものを干すように吊り下げた。 (意図はわからなったようだが、以後そこは通らなかった) みかん4:30過ぎ 夕食作成開始! 夕食は、豚のヒレのトマトソース煮。 2バーナーで家並みに、スピーディーに食事が作れる。 やっぱすごいね 100円ショップのシャボン玉でKenはヒートアップ。それぞれツールに酔いしれる。 フォーク5:30 食事。 うまい。やっぱ外の食事は最高 富士 温泉へGO。 敷地からわずか100m この温泉が、かつてないほどGOOD。 超気持ちいい。Kenちゃんは相変わらず 39度以上のお湯に入れないと言っていたが それでもかなり楽しんでました。 ちょっと皮膚が未だにアトピーぎみなKenだが 風呂上がりには、すべすべになっている。 065.gif7:50 お風呂の施設の横には、滑り台や、低いプール(かかとぐらい)があり なかなかヨサゲ。 遊具もちょっとある。 夜の景色を堪能しながら、ゆっくりを帰ってくるサイト。 隣の4人組(男三人女一人)はどこかに行っている模様で静か。 ラジカセの音(エグザイル系の音楽)も無くなって静か。 せっせと食器等洗って、明るくなるように ランタン等も準備。 beer9:00前 一息ついてプシュッとチューハイ&買ってあるウズラの燻製(手抜き)を頬張るカミサンと私。 久しぶりのまったりした時間 4人組、帰ってきて大きめの声で大笑いして話しているが まあ10:00pm前なのでOK。 ここは10:00には必ず、就寝する(静かにする) というルールがあると言うので、かなり安心。 受付の際にも、厳しく言われている。 パンチ10:00 放送が入り、「10:00なので就寝してください」と流れる。 場内を管理人さんが巡回することやうるさい人がいたら 連絡してくださいということが流れますので安心する。 実際に、4人組は、10時半ぐらいまでは、カードゲームを大声でやっていたが、 盛り上がる声を聞きつけ、管理人さんが注意に来て、寝ることになった。 (あとで聞くと二度ほど注意していた模様。 3度目の注意でレッドカード(退場)というルールらしい) 一度管理人さんが登場してからはぐっすり眠れた。ここはよいと思った。 ほんとに深い眠りだった。

=======================
このサイトに来てよかったと思っていただけた方は
是非CliCK、お願いいたします

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
=======================
                      
Filed under: 尾白の森 — みみすけ 6:00 PM  尾白の森キャンプ場 その2(初日) はコメントを受け付けていません。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この記事へのコメントを投稿

現在、コメントフォームは閉鎖中です。