ヤーコンなところで

どうも、みみすけです。

ちょぼちょぼと、4月頃のキャンプの予定を入れながら、
ボランティアのライブガイドも挑戦したいと、映画館のチネチッタに通う週末(笑い)

今、仕込中の映画は、これ

別途これについては、お話しするとして、今日はその道すがらのお話し。

(more…)

=======================
このサイトに来てよかったと思っていただけた方は
是非CliCK、お願いいたします

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
=======================
Filed under: 流行り物 — みみすけ 8:38 PM  ヤーコンなところで はコメントを受け付けていません。

とあるブログのバックアップ術

私がブログをはじめたのは、とあるキャンプ関連のブログでした。

ここのブログはよい仲間も多く、とっても良かったのですが、
ブログの手間やバックアップや混雑やメンテナンスや・・・
そんなもろもろで今のレンタルサーバーにブログを移しました。

ブログを本格的に移し変えたのも、そういえば昨年だったっけ。。

ということで写真がバックアップできないブログサイトでの
写真のバックアップ術を載せとくのもよいかなあ、と思い、記事にしま~す。
なお、ちょっとツールも使うので自信ない方にはお勧めいたしません。
あくまで自己責任で

では、はじまりはじまり。

(more…)

=======================
このサイトに来てよかったと思っていただけた方は
是非CliCK、お願いいたします

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
=======================
Filed under: Blogのこと — みみすけ 6:59 AM  とあるブログのバックアップ術 はコメントを受け付けていません。

どんど焼き

どうも、みみすけです。

そろそろ一月も終わりですね。
なんかとっても月日が過ぎるのが早く感じます。

今回は、先日自治会でやっていた『どんど焼き』をレポしようかと。
松飾りや、だるまなど、いろいろ燃やすどんどやき。

そして子供たちは、お餅を焼いてお汁粉を食べて、喜んで帰って行きました。
私は自治会の裏方の一人として参加。
まあ、今回は、ほとんど見てるだけのようなもんでした。

これで4月からのお役目も残りわずか。
ほっと胸をなでおろす今日この頃です。
(月一回は理事会があり、それもあってキャンプ回数が減ったんですよね)

でも、地域と共にいろんなことをするというのも
やっぱりいいよな。そんなことを考えたこの日の出来事でした。

=======================
このサイトに来てよかったと思っていただけた方は
是非CliCK、お願いいたします
↓         ↓
人気blogランキングへにほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
=======================
Filed under: イベントドリブン — みみすけ 3:12 PM  Comments (2)

大岳鍾乳洞

大岳キャンプ場を探してたどりついた、大岳鍾乳洞。

その入り口には、タバコ屋の軒先でもあるかのように
おばあちゃんが一人、受付に座っていました。

「え~、人いるよ~」
カミサン大いに驚いています。
なんせ、工事現場みたいなところを通り抜け、
変なトンネルを通り抜けて、やっとたどり着いた
人っ子一人通らない場所なのです。

そこに、この寒空に外気に当たりながら
来る人を待っている人がいるとは・・・

人影を見かけると、おばあちゃんはうれしそうに
「よく、こんな山ん中まで、おんでくださったなあ」
とうれしそうに言います。

鍾乳洞って、どんなだろう?

私が体験した鍾乳洞は、
・万人が楽に行ける、秋吉台秋芳洞(山口県)
・探検コースで四苦八苦したあぶくま洞(福島県)
あぶくま洞は、太った人は通れないとする探検コースを
通ったけど、あの時のような道が今回あると結構カミサンはつらい。
(カミサンはやせているのでそっちの心配ではなく、この服装では
きついという意味。一応フォローしとかないと(^^))

さらに、聞いただけでやめた入水鍾乳洞のように
水につからないといけないようなコースがメインだと今回は
やめとかないと・・・

ということで、おばあちゃんに聞いたところ
濡れることはほぼ無いし、
そんな危険は無いよ。
とニッコリされて、ヘルメットを渡されました。

そんな笑顔で言われてはもう引き返せません(爆)

早速、入口に向かおうとすると
ちょっと待って
と電気をつけてもらいました。
人が来るまで電気はつけずにいるんですね。

そろそろと行くと、入口からして屈まないと入れません。
そろそろと、入って、う~ん、これぞ鍾乳洞~

そんな感触を得ながら進んで行きました。
カミサンは面喰いながら
Kenちゃんは、ドキドキわくわくしながら、
登ったり、くぐったり、通り抜けたり・・・

明かりを頼りに行きました。

キャンプに心得のある人は、ヘッドライトとか持ってくと
便利だと思います。
(ぶつからないようにつけるのはヘルメットの下かな)

あとで、写真を見てみたら、壁は素敵な光景が
いっぱいありました。
でも、暗くてそこまで良く見えないんですよ。

一番奥で、記念写真を撮った時、それに気づいて
なんともなかなか素敵な鍾乳洞じゃないかと
感激しました。

後から来たカップルと洞窟内で対面。
結構皆、洞窟を楽しんでいました。

Kenが滑って転ばないかが心配でしたが、特に問題ありませんでした。

戻ってくると、おばあちゃんは、いろいろ話をしてくれました。
50年も前に、戦争から帰ってきた旦那さんが、この洞窟を掘り当てた事
戦争中のことや、戦争のあとのこと、何人もお子さんがいることや
ここには365日休まずに来ていること(朝、娘さんが送ってくれるとのこと)

ご主人が守ってこられたこの鍾乳洞を、自分が守りたい。
少なくともご主人が無くなった年までは(あと2年でその年になるそうです)
ということでした。
もちろん、もっと長生きしてくださいなとお話ししましたが、
なんて素敵なおばあさんだろう。さぞかし、ご立派なご主人だったのだろうなと、

そう思った次第です。

帰り道、ふと、
あの、麦の郷の管理人さんも、僕らにおばあちゃんに会ってってほしい

って思ったんじゃなかろうか・・
ふとそんな気がしました。

是非、良心的な方のみ、おばあちゃんに会いに行ってくださいな

大岳鍾乳洞に関しての、すばらしい記事は

家族でお出かけ「大岳鍾乳洞」 と もにょさんのページ をご参考に!

=======================
このサイトに来てよかったと思っていただけた方は
是非CliCK、お願いいたします

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
=======================
Filed under: — みみすけ 7:41 AM  大岳鍾乳洞 はコメントを受け付けていません。

大岳キャンプ場

さて、あきる野市のキャンプ場を巡っていたところ、
ここらのキャンプ場にはテントを張る場所が無いと聞いて絶句するみみすけ。

ただし、大岳キャンプ場と言う、まさにテントの為のキャンプ場があるそうな・・・

そしてすぐそこに鍾乳洞もあるという。もともと鍾乳洞にも行こうと考えていた
みみすけ一行。

ならば、ということで鍾乳洞に向かうことになりました。
麦の郷の管理人さんによると鍾乳洞は2つあり
ここから二つ目の鍾乳洞が大岳鍾乳洞とのこと。

そこまで延々と行くことにしました。

それなりに、走り、手前の鍾乳洞のすごい広告の看板を
尻目に見ながら、どんどん細い道へと登って行きます。

結構上るわね・・・
カミサンの声がだんだん小さくなっていきます。

たしかに、心細い道。たぶん、これだと瀬音の湯に
夕方行こうと言う気にはならないな・・・
そんな風に思いながらも、ここまで来たんだからと思い直し
ひたすら上ると、看板が出てきます。

大岳鍾乳洞に行くには、左右の工事現場に入らず
トンネルをくぐること・・・

え~~

実際のトンネルは、写真は無いので、こちらのHP
ご参照願います。
工事で突貫で作ったトンネルって感じのトンネルです。
そこをこわごわ抜けて行くと

大岳キャンプ場が左手に見えました。

テント1000円、幼稚園の運動場みたいな広さです
簡易トイレと水道がある模様・・・

まあ、電気も無く、ここに泊って何かあっても
誰も呼べないだろうという気がしたので
大岳キャンプ場は断念しました。
カミサンは動物に遭遇しそうと思って怖がってました。
(まあ自然満喫できると言えばまさにそう言う感じです)

そこから100m、、大岳鍾乳洞の看板があり
受付がありました。

「え、、人いるよ・・・」
カミサン仰天してます。

ほんとだ。

めちゃくちゃ寒い晴れた日。

おばあちゃんが受付にちょこんと座ってました。

=======================
このサイトに来てよかったと思っていただけた方は
是非CliCK、お願いいたします

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
=======================
Filed under: キャンプ場 — みみすけ 6:32 AM  大岳キャンプ場 はコメントを受け付けていません。

キャンプ場めぐり

昨日に続いて、あきる野市のキャンプ場を求めて放浪中

瀬音の湯に近いことを中心に、次のキャンプ場を目指します

まず多少近場の戸倉キャンプ場に到着

う~ん、、

なんか違うぞコレ。。。

さらに、麦の郷

やっぱ違う~
麦ののオーナーに聞いたところ、

「ここらは、キャンプと言えばバンガローになります。
あと、けばり漁とかするんで、川では泳げないですね」

と親切に教えてくれました。
そういうことか、と思い直したわけでした。

実は麦の里は、テントも可能。
ただし、バンガローのお客さん優先とのこと。
この辺の川の状況聞けば、川遊びのキャンプ目的の
ファミリーは確かにそう来ませんね。

「あと、大岳キャンプ場があるくらいですね
大岳鍾乳洞の手前なんで、鍾乳洞のおばあさん
に交渉してみては?」

と、これまた親切に教えてくれました。
次は、そんなわけで大岳鍾乳洞に向かいました。

=======================
このサイトに来てよかったと思っていただけた方は
是非CliCK、お願いいたします
↓         ↓
人気blogランキングへにほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
=======================
Filed under: キャンプ場 — みみすけ 9:11 PM  Comments (2)

イカの燻製

旅行レポートの途中ですが、閑話休題

昨年は、あまりキャンプできなかったので、ときどき家で料理をしていたんですが
燻製も、家の庭でできんかなあ~というのがあって、
じゃあ、やるとしたらなんだろう?

というので、最初にイカの燻製にトライしました。

いわゆるイカ薫(クン)ですね。
でもお薦めとあるだけあって、ジューシーでした。
以下は、イカができるまで、、、如何でしょうか?

カミサンに塩抜き頼んだのが失敗だった。。。やっぱ男の料理は、自分でしないとね。。。
(まあ仕事で遅くなるのでできなかったわけだが)

カミサンに、塩抜きしといてくれた~?

って聞いた時に、
う、、うん。。。

というあいまいな答えをされた時気づくべきでした。
カミサンは水につけといただけだった。。。

流水だともったいないと言われても、そういう料理なのよ(爆)^^

=======================
このサイトに来てよかったと思っていただけた方は
是非CliCK、お願いいたします

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
=======================
Filed under: キャンプ料理 — みみすけ 8:37 AM  イカの燻製 はコメントを受け付けていません。

落合キャンプ場

あきる野市のコテージにいった帰りに、近くのキャンプ場を見て回りました。

なんせ、瀬音の湯は最高でした。
3年前ぐらいにできたそうなんですが、施設はきれい。
クレジットカードは効かないのがうそのよう。
おしゃれにできてますし、お湯はほのかに硫黄の匂いがしてますが
匂いはきつくない。そしてお湯は柔らかく、温度も熱すぎない。
何を言えば、繁盛しすぎてて一時お風呂に入るのに行列ができてる事か・・

そんなわけで、コテージは高かったので、夏とかはキャンプでテントを張って
温泉につかりたい。と考えました。
近くだという

・落合キャンプ場
・戸塚キャンプ場
・麦の里
・大岳キャンプ場

を見てきました。

まずは、落合キャンプ場。

まあ結論から言うと、落合キャンプ場はテントは張れないのと、かなり老朽化してて、
カミサンがバンガローに泊まる気にはなりませんでした。

=======================
このサイトに来てよかったと思っていただけた方は
是非CliCK、お願いいたします

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
=======================
Filed under: キャンプ場 — みみすけ 10:00 PM  落合キャンプ場 はコメントを受け付けていません。

あきる野市のコテージ

どうも、みみすけです。
この3連休に 東京都のあきる野市、コテージに行ってきました。
森林村と言うところです。

コテージ森林村

そこは瀬音の湯という、よさげな温泉があるというので、行ってみたいと思ったのです。
でも、キャンプ場があんまり見つからなかったんですよね。

そこで、冬でもあるし、今回はコテージにしようと言うことになりました。

コテージして、近くのキャンプ場を夏に備えて見てこようと言う話です。

では、はじまり~

065.gif朝10:00ごろ
「いっそげ~」
「Kenちゃん、ヌイグルミ持ってくね」
「一年にもなって、ヌイグルミばっかり10体も持ってってどうするんだ」
そんなことを言いながら、走り出したのが、11時前。

立川あたりで昼食を取り、コテージに着いたのは1時過ぎ。
やっぱ近い!!

管理棟なるモノは無く、レストラン・フォレストというところに
行くと、管理人のオバサンが居て、裏に回ってくれと言うので
裏道から、入っていくとコテージの受付にたどり着きました。

そもそも、このコテージを予約した時、ホームページからしたわけですが
最終的にメール発信になったので、
メールでリプライが帰ってくるのかと思いきや
翌日、電話がかかってきて、詳細を全て電話で確認され
さらに、予約金として郵便為替で1万円送ってくれと言われまして
ちょっと変わったところだなあと思っていたのですが、
現地に行って、さらにその思いが加速していくことになりました。

まあ、悪いところではなかったけど、
いきなり、ストーブはコンセントが抜いてあってつかなかったり
電気絨毯は、故障していて取り替えてもらったりとトラブル続出
最後に、出る際にもう11時なのに受付が閉まっていて、
お金が払えなくて(なぜか後払い)あくまで延々と待っていたという
おまけまでつきましたので、何をかいわんやですが、
基本的に、コテージ自体は良いコテージでした。

全て備品は有料レンタルなので、鍋や包丁等
持ち込む必要がありますが、ガス台や冷蔵庫もあるし
風呂は自動給湯(洗い物もお湯で洗えます)ですので、
施設は素敵です。あと暖房費は別に1000円取られました。

コテージが連なる遊具もとりあえずありますこれが炊事棟なのかな?テーブルと自動販売機だけみたいだけどこうみると結構おしゃれここの下は河原で絶壁ですしっかりした階段で下りれるんですが、寒いのでパスコテージの裏に各々テーブルがあります。BBQできますねひさびさのKen全体像 イン コテージコテージは吹き抜けになってましてロフトに寝る感じです。布団を早々と引きました家具も山小屋風でおしゃれ台所(お湯が出る)にガス台、風呂は全自動、冷蔵庫そして、焼き肉&ホットプレート。20AまでOKなので安心でした

瀬音の湯がとてもいい感じだったので、次はそこを案内しようかなあ

ではでは

=======================
このサイトに来てよかったと思っていただけた方は
是非CliCK、お願いいたします
↓         ↓
人気blogランキングへにほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
=======================
Filed under: コテージ — みみすけ 6:38 AM  Comments (3)

2010年のクリスマスの出来事

昨年のクリスマスのことですが、子供の成長記録を兼ねて残しておこうと思います。

この日は、うちは家族でお祝いをします。姉夫婦や、両親、そしてうちの合計7名。
そして、今年も出しモノのメインは、マル鳥。

当然、私が担当です。
でも、レシピは、クレームがついて、今年はカミサン好みのレシピに決定
(石鍋シェフのカンタンなんとかレシピってやつなんです。
ブックオフにて入手。しっかり者のカミサン)

このマル鳥。
ピラフを入れて、お尻をホチキスで留めるんです。

「ホチキスは駄目だろう!!」
みみすけは、力説しますが、カミサンは
「石鍋シェフに逆らう気??」
となんだかかなり立腹しています。

でも結局、タコ糸で縫うことで同意しました。
「やれるもんなら、やってみなさい」
ということらしかったです。

そんなわけで、クリスマスの昼にKenは一駅先の空手道場のクリスマス会へ、
車の迎えは4時半なのでカミサンもいったん戻ってきて、
準備におおわらわ。
みみすけも、4時から仕込み開始。
ピラフを作って、マル鳥の尻から詰め込んで、
タコ糸で縫う。

「う・・・手が滑って、針がマル鳥から抜けない」
タコ糸なので、糸が太くて、鳥の皮のところで
突き抜けなくて止まっちゃう。
針を持つ指の握力の無さが問題です。

「あ~どんすんべ」
そうだ

ペンチを持ってきて、ペンチで針をしっかりとはさみ
これで縫うと結構簡単に縫えました。
(見てたら、きっとカミサンは、ホチキスにすればいいのにと
云ったと思います。
ホチキスは最後に切り落とすレシピなんですが
わからなくなったら大変と思うので)

そんな時、携帯が鳴りました。カミサンからです。

「Kenちゃん、居ないんだけど何か連絡あるかなあ~」
午後の4時40分ごろです。空手道場は通常4時半に終わるのですが
クリスマス会で10分ほど早く終わったとのこと。
いつも外で待ってるKenちゃんなのですが
今日はその定位置にいないというのです。

「道場にも聞いて見たんだけど、もう帰ったって言うのよ。
待ってる事になってるのに」

一駅も先の空手道場なので、当然のことながら
現時点で家にいるわけもなく、
続けて探して見るということになりました。

電話を切っても、なんだか、気になりましたが
とりあえず仕込みを続けます。まあちょっとトイレにでも行ってて
離れたとか、そういうことかもしれない

仕込みを続けること20分。5時ごろまた、
カミサンから電話があります。
「そっち、帰ってきてない?」

カミサンは、通りの人間に目を凝らしながら探し回ってもいないので
来るまで走っては止まり、走っては止まりしながら
こちらに向かって、車で帰ってくる途中です。
でも、Kenらしく人影は無いというのです。

まあ、帰ってくることも考えられなくはない。
とにかくさらに探しながら戻るように言い、電話を切ります

とはいえ、気になって仕込が止まります。

まさかとは思うが、さらわれたのでは。

今まで、Kenが待ち合わせ場所から居なくなったことは無く
今日はクリスマスという特別な日。
サンタの格好したサンドイッチマンだって、通りには出てるかも知れない。

そんなことを考えると、前に見た「あかね空」という映画を思い出します。

いろいろ考えますが、さらに10分後、こちらからカミサンに連絡。
「まだ見つからない?」
「全く分からないわ」
「今どこ?」
聞くと2/3ぐらいは戻ってきています。

「おかしいな・・・」
「そう思う・・」
「警察に電話しようか、早い方が良いに決まっているし・・」
「・・・・うん、、、じゃあそうして」

なんて言うんだろうと思いながらも、
携帯を切って、家の電話で警察に電話。
「非常の連絡ですか?」
「あの、子供がいなくなりまして・・・」

年齢や性別など、状況を話しているところで

ピンポーン

「今、なったみたいですけど」と警察の方

あ、はい

Kenが「ただいまあ」
疲れた顔で門の外にいました。

電話の警察の方にただただ、お詫びをし、
拳固したり、抱きしめたりと大騒ぎでした。
事の重大さに、Kenも気づいたようでさんざん泣きながら
謝っていました。

すぐに、カミサンの携帯に連絡。

ほっとして帰ってきたカミサンが延々とKenをしかり続けたのは
言うまでもありません。

どうも、Kenはクリスマスパーティが空手道場で終わったら
家のパーティのことで頭がいっぱいになっちゃったらしく、
どうしてもすぐに帰りたくなってしまったらしいのです。
かなり待ったけど、カミサンが迎えに来なかったと思ったみたいで
空手道場のパーティが早く終わったのも、一因ですが
実際には15分も待っていないのに、もう迎えは来ないと
(カミサンは忘れている)と判断して、一駅歩いて帰ってきました。

何考えとるねん!

道は着くころにはかなり暗くなってましたので、
本人もかなり心細かったと思いますが、どれだけ心配したことか。

「親の心はわからないのよねええ」

そんなことをパーティに来た、私の母がニコニコしながら
話していました。

結局、仕込遅れにより、30分遅れで始まったパーティは、
楽しく行われ、最後はKenのバイオリンで締めくくりました。

ああ、楽しいクリスマス会になってよかった。。。

p.s.
その後、Kenは帰宅について、いくつかの対処法と、
守るべきルールを言い渡され、
守らなかった場合にKenにとって致命的な罰がかされることになりました。

クリスマスプレゼントのふくろうを見るKenコーンとお米をいためていますマル鳥のお尻にピラフを詰め込みますクッキングペーパーにくるみます

電子レンジで、三分、ひっくり返して1分。これで形が固まりますフライパンで、側面に焦げ目をつけますめんどくさいので、ガスオーブン君登場いい色にこんがり焼けてきました

できあがり~。皿の上にマル鳥を移します食卓のデザインは、カミサンですさて、そろそろクリスマスパーティが始まります最近やってらんなくってよお(怒られちゃったしよお)。酒屋のオヤジの図

乾杯後地味に飲んでます。。ジュースです切り分けにいそしむみみすけ皿の上のまるどり。奥にコーンピラフが詰まって見えますジューシーチキンクリスマス気分ですまるどりと食卓の色どり物凄い速さでなくなっていく丸鳥クン次はkenががんばる出し物。バイオリン

Kenもバイオリンうまくなりましたバイオリンを弾くバイオリン

=======================
このサイトに来てよかったと思っていただけた方は
是非CliCK、お願いいたします

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
=======================
Filed under: クリスマス — みみすけ 8:02 AM  Comments (3)