2009クリスマス(ライオンキング)

どうも、みみすけです。昨年の末にライオンキングを見てきた話をしたいと思います。

ライオンキングのポスターとKen。ついついポスターを見てしまう

2009年も暮れになったある日、休みの23日に何かを見に行こうということになって、劇団四季のライオンキングを見ることにしました。もう朝から家族三人テンションあがりまくり。
やっとのことで劇場について待っていると、Kenちゃんがカミサンに心配そうに話していました。

「kenちゃん、怖いシーンで泣きたくなっちゃったらどうしよう。」
今までは、どこででも悲しくなったら泣いちゃうKenちゃんでしたので、そんな成長もあったのかと思い、そしてKenちゃんの物語に入り込む性格を「場をわきまえられたら」とても良いことだと思っていたので、うれしく思いました。

ともあれ、劇場では、あまりうるさくすると問題あるらしく、会場を見回る人が、寄ってきて、ちょっと違うところで見ないといけない模様。
それはできれば避けたいので、まあその時は背中さすってやるからとか、そんなことを言っときました。

さて、始まると、本当に楽しいミュージカル。

笑いあり、怒りあり、悲しみあり、恐怖あり。

Kenちゃんやっぱり怖いところは
「こわい、こわい」といってしがみついてましたが、
特に泣くでもなくお利口に見ていました。

そして、あまり物語の関係上言えないですが
一番のところにさしかかり、既に死んでいる
「父も祖父も、お前の中で、お前と共にいる」
ライオン・シンバが自分の誇りを取り戻すシーン。
こっちも、涙腺が弱くなっちゃいました。

その時 、
くぐもった声で「ぐぅぅ」と、横からあらぬ声が聞こえてきました。
Kenちゃん、声を押し殺しながら、駄目だとわかってるんだけど、声が出ちゃう。「あふぅ」
そんな感じで泣きはじめちゃいました。

「あちゃあ、これで我々退場か~」 (@@;;)

かなり焦り、なだめました。
徐々にKenちゃんの声がトーンダウンしたことろ、物語のいっちゃんいい場面も終わって行きました。

結局、見回りの人は寄ってきませんでした。
良く考えると、物語の一番盛り上がるシーン。
作品の流れを理解したうえでの嗚咽だったので、
ある程度他の大人たちも泣いてましたし、
声自体もそれほど大きなものではなかったのかもしれません。
親としてはめちゃくちゃ焦りましたが。

でも、父親である自分と、いつも遊んでいる祖父のことを思って泣いたのかなあ、
なんて思ったら、なんとも言えない気持ちになりました。

そしてCMでも宣伝されている、最後の雄たけび。
ライオンキングのメインの役者さんだけあって、
全てがパーフェクトでした。

カーテンコールも何回もやったその後、
再度のカーテンコールで、役者さんがキャンドルを持って、列を組んでいました。
「清よしこの夜」を歌ってくれて
もう一度、会場のお客さんとも一緒に唄いました。

 

Kenちゃんにとっては、忘れられない思い出になったでしょう。何年か後、この日のこと思い出すのだろうか?
彼が大人になって子供を連れてくるときまでライオンキングやってればいいのになあ。

そんなこと思いながら、帰りました。

 

kenと一緒にツリーの前で

kenと一緒にツリーの前で

 

Endless Night

おまえの中に生きている

ではでは。


=======================
このサイトに来てよかったと思っていただけた方は
是非CliCK、お願いいたします
↓         ↓
人気blogランキングへにほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
=======================
                      
Filed under: 息子のイベント — みみすけ 6:05 AM  Comments (3)

3件のコメント
  1. こんにちは!

    喜怒哀楽が素直な子供の反応は
    きっと舞台にたっている人たちもうれしいだろうと思うのですが…
    通常の反応なら大丈夫なんじゃないんでしょうか?
    だめなのかなぁ…

    なにはともあれ、素敵な思い出になったでしょうね!

    そうそう……

    ブログ場所がどこに変わろうとも、
    ライフスタイルが変わろうとも、
    みみすけさんの記事が楽しめるのはうれしいことです♪

    リンク変更させてもらいますね~♪
    新しいブログタイトル、素敵です~♪

    久しぶりにコメントを残すのがカウプレ企画の記事だと
    ずーずーしいような気がしまして ^^;
    前回当選者なので、今回は、他の方の当選確率を
    下げてしまわないようにこちらにコメントいたしましたっ
    (^◇^)ノこれからもよろしく~

    Comment by りるっち — 2010年3月22日 11:13 AM
  2. こんにちは!

    待望のKenちゃんネタでしたが、涙腺に来ました・・・。
    (最近小さな子を見る自分の目が、すでに『ばぁば』化してますので)

    さすがもうすぐ小学生!
    こういう場所では自分の感情を抑えなきゃ!などの社会性がちゃ~んと育ってる。
    偉いなぁ。(ばぁば、感動)
    たぶん、肩たたきの見回りの人も
    そういう物語を理解した上での泣きはOKだと思います~。

    うちの子なんか、もうチョット小さい年齢の頃に『千と千尋の~』を見に行って
    開始20分で外に出たがってました。
    そういううちの子みたいな子は肩たたきなんでしょうねー。(T▽T)

    Comment by ほるん — 2010年3月22日 4:26 PM
  3. ■□□□ りるっちさん  おはよございます

    どうもありがとうございます。
    その後、ライオンキングのCDを買ってきて
    うちでは盛り上がっています。
    (CDに部分的に劇団四季のセリフも出てくるんですよ)

    いい思い出になりました。
    GWにはCatsも予定(こりないねえ^^;;;)

    それと、ブログタイトルのこと
    そしてお気遣いありがとうございます。

    今後ともよろしくお願いいたします。

    ■□□□ ほるんさん おはよございます

    いやあ、Kenは入り込むと、ほんと周りわからなくなるんですね
    それが良い点と、まずい点 表裏一体なんですが
    うまいこと伸ばしてやれればと思っています。
    すこしずつ社会性は出てきてるので。

    Kenは友達とのコミュニケーションもちょっとまだ
    ってところがあるんですが、それもいつも自分の興味あること
    追っかけてるってところと関係してまして。
    どうなっていくかなあと思う今日この頃です~^^)y

    いやあ、『千と千尋の~』って最初結構怖いから
    それもあったんじゃないかと思います。

    また書きますね~^^)

    今後ともよろしくお願いいたします。

    Comment by みみすけ — 2010年3月26日 5:54 AM
この記事へのコメントを投稿

現在、コメントフォームは閉鎖中です。