逝く叔父を想う

昨日、親しくしてもらっていた叔父が亡くなったと聞いた。
90歳を超えていたのだから、大往生なのだろう。

でもやっぱり、残念だなあ。。
身内の死はやはりこの言葉しか出ない


早くから母をなくした父にとって、年の離れた4人の兄は大きな存在だっただろうと思う。
その中でも、私たち家族にとっては、二子玉川に住む、この叔父さんが一番近い存在だった。
何でも新しいことが好きで、まだ1ドル300円近い時代に、一家でハワイに遊びに行ったりいていた。
8ミリフィルムもあの家で初めて見た。

おしゃれで、二枚目で、そして楽しくなる話ができる人だった。
俳優にスカウトされたこともあったりしたと自慢してたっけ。
車が趣味で、父はそのころも高速でも80kmを越えることはなかったが
叔父は100km/hを下回ることなく運転していた。(^^)

1月の正月の後は、必ず彼の家に行って、くつろぐのが慣わしだった。
お年玉を絶対にくれる唯一の存在だったっけ^^)
別荘を持ったと言っては、呼んでくれた。
今も、テニスコートで笑顔で話す、叔父さんの姿が焼きついている。

父はどちらかというとマイペースなほうで、
桜を見て我を忘れて立ち止まったりしているほうだが
叔父は、機敏に動き、かつ周りに気を配る人だった。

父と母の結婚式、ごたごたの中で
父の財布がなくなったそうだ。
まあ、そういう時代だったのだね。

そんな中、叔父は、父や母を落胆させないように
その場で、ポンと自分の財布を丸ごと手渡して

「きっと、拾った人は、喜んでるさ」
と笑顔で笑って帰っていったのだと。
(母はそれを今でも思い出すという)

4/20にお通夜があるそうだ。行こうと思う。
いろいろなありがとうを言ってこなければ。。。
そしていつも思う。もっと前に行けばよかったな。


=======================
このサイトに来てよかったと思っていただけた方は
是非CliCK、お願いいたします

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
=======================
                      
Filed under: その他もろもろ — みみすけ 5:31 AM  Comments (4)

4件のコメント
  1.  そのお気持ちよくわかります。
     私は実家が遠く、またなかなか休みも
    とりづらい事から、身内の不幸があったときはいつも不義理をしています。
     切なさをいつも感じ、墓参りも・・・・・。
     色々な有難うを伝えてきてください。

    Comment by ガイア — 2009年4月18日 10:04 AM
  2. ■□□□ ガイアさん おはよございます
     
    今日行ってきます。コメントありがとうございます。
     
    そうなんですよね。
    なかなか、やっぱり自分の生活が第一で。。
     
    まあそういうことを身内もわかってくれているだろう、、なんて思ったりもするわけですが
    いざ亡くなったりすると、ありゃあ と
     
    後悔と言うほどでもないのだけど
    残念な気持ちがわきますね。
     
    今回は私は行けるので行って来たいと思います。

    Comment by みみすけ — 2009年4月20日 6:39 AM
  3. 私の叔父も先週亡くなりました。
    母の弟で、61歳。金土で葬儀でした。
    自分のブログには書かないつもりだけれど、タイミングが一緒だったのに驚いてコメントをさせてもらいます。
    昔からのいろんな記憶のある人が逝くのは
    さみしいですよね。
    しっかりおわかれのごあいさつしてきてくださいね。

    Comment by marurin — 2009年4月20日 10:49 AM
  4. ■□□□ marurin さん おはよございます
     
    そうでしたか、時を同じくして。。。
    61歳は早すぎますね。
    なんと申し上げたものだか考えていまいます。
     
    昨日も葬儀に両親と行きました。
    さすがに疲れました。
    いとこの喪主と家族の方たちも大変だったでしょう。
     
    ほんとうに残念。だけど生きてる人は
    前を向いて歩きださないとね^^)y

    Comment by みみすけ — 2009年4月22日 6:11 AM
この記事へのコメントを投稿

現在、コメントフォームは閉鎖中です。