エリクソン博士とおばあさん


今日最寄の駅前に帰ってくると、年末用の照明がライトアップされていました。
もう、こんな季節か。。。
郵便局員は駅の前にテントを張って(キャンプのじゃないですよ)年賀状を売ってます。
今日は金曜日、ちょっと夜長を気分よく過ごしたいですね。
そんなあなたに、これも有名な話ですが、ちょっとクリスマスにまつわる話をご紹介しましょう

人生を豊かにするのは、行動するための少しの勇気と、たくさんの失敗
ミルトン・エリクソンという有名な心理学者とあるおばあさんの実話です。
ある時、エリクソン博士の旅行先に、お金持ちのおばあさんが訪ねてきました。

「私はお金に不自由は全くなく、大邸宅に住んでいます。イタリアから取り寄せた見事な家具に囲まれて、コックが毎日、素晴らしい料理を作ってくれます。
私は庭仕事が好きでしますが、ほかのことは全部メイドがやってくれます。
けれども私ほど不幸な者はいません。寂しくて寂しくてたまりません」

とその人は訴えました。

エリクソン博士はその話を黙って聞いていました。
『わかりました。あなたは教会に行きますか?』
「時々行きます」
『では、あなたが行っている教会で、その教会に属している人のリストをもらいなさい。そのリストに誕生日を書き入れてもらいなさい』
と言いました。

『あなたは庭仕事が好きといったけれど、
園芸の中で何をするのがいちばん好きですか?』

「アフリカすみれを育てるのがいちばん好きです。水やりも大変ですし、そう簡単には増えません。でも私はそれが上手にできます」と老婦人は答えました。
『家に帰ったら、教会の人のリストを誕生日の順に並べなさい。
そして、誕生日が来た人のところに、あなたが育てた花にきれいなカードを添えて置いてきなさい。
誰にも見つからないように、そして、誰から来たかわからないようにするのですよ。

これが宿題です。そのうちに、あなたがいちばん幸せな人になることを請け負います。
もし幸せになれなかったら、飛行機に4時間乗って、私のところにいらっしゃい』
と博士は言いました。
その老婦人は心が虚ろでたまらなかったので、さっそくこれを試してみました。
博士から言われたとおりに、今月は誰が誕生日か調べ、きれいな鉢を作りました。

誰にも見つからないように、朝三時に起きてこっそり鉢を届けました。
そのうちに、そのことが町で評判になりました。
この町は素晴らしい町で、天使が誕生日にすみれの鉢をお祝いに持って来てくれる
という噂がたちました。

なぜなら贈り主がわからなかったからです。
その人はエリクソン博士に電話をかけて、
「誰にも気づかれないで宿題は成功しています」
と報告しました。

博士は
『あなたはどうですか、まだ不幸ですか?』と聞きました。
老婦人は「えっ、私が不幸だなんて…」ビックリと答えました。
『あなたは半年前に私のところに来て、
「私ほど不幸な者はおりません。お金もあるし立派な家もあるけれど、
心の中は空っぽです」
と、私に話したではありませんか』

とエリクソン博士が言いました。

老婦人は「そうでしたね。すっかり忘れていました」と答えました。
3ヶ月が経ってクリスマスがきました。
クリスマスの夜に、その老婦人からエリクソン博士にまた電話がかかってきました。
「先生、今日のクリスマスほど不思議なクリスマスはありませんでした。
庭師が大きな門のそばにクリスマスツリーを飾りました。
今朝、そのツリーの下に、クリスマスプレゼントがたくさん置かれていました。
その贈り物には名前もなんにも書かれていません。でもどれも私がほしいようなものでした。
いつも私がかぶっているような帽子だとか、いつもしている手袋とピッタリ合うスカーフなどが並んでいました。

花の種や新しい誕生日カードもたくさんありました。
いったい誰から贈られたのかわかりません」

町に住む1人のおばあさんが、明日は85歳になるから老人ホームに入ろうと家族で相談していました。
そして、我が家で最後の誕生日を向かえ、皆に祝ってもらいました。
テーブルの上にきれいなすみれの鉢が置いてあるので、
おばあさんが
「これは誰からのプレゼント」と聞きました。
「天使から」と家族中が答えました。
おばあさんは本当に天使からだと思いました。
自分のことを思ってくれる人が家族以外にいる、ということがとても嬉しかったのです。
老人ホームに行くのはとても寂しかったけれど、移っていく勇気が湧いてきました。
この家族が、あんなにおばあさんの気持ちを変えるような贈り物をしてくれた人は誰だろうと調べました。

それが大邸宅の奥様だとわかりました。
何も不自由はしていないだろうけれども、自分たちも同じことをしようと思い、町中で相談して贈ったのです。
「自分の人生の中で、こんなにうれしいクリスマスを迎えたことはありません」
と老婦人は言いました。

エリクソン博士は
『“おたがいさま”という言葉があるように、
あなたは喜んで今日のプレゼントをもらっていいのですよ。
あなたが庭に種を蒔くと、その種は花になって
あなたのところに返ってきます。
あなたは小さい種をいっぱい蒔いたから、
立派な花になってクリスマスに返ってきてくれたのですよ』

と言いました。

今宵、皆さんの上にやさしい気持ちが降り注ぎますように

↓クリスマスにちょっといい話はこちら
2007年記事
ヴァージニアに愛を込めて
ルドルフを知っていますか
クリスマスキャロル
2008年記事
こころのチキンスープ
エリクソン博士とおばあさん
シークレットサンタ
かっちゃんと縦笛

2008年ちょっとした話の記事
マザーテレサ
座右の銘

もしよろしければ、こっちも。クリック募金です。LINKでスポンサーのページに飛びますので、そこでClickのところのボタンを押してもらえると、スポンサーが社会貢献の一環としてあなたの代わりに1円募金します。あなたは何も支払う必要はありません。募金の支援策に使われる%は以下に目安を示しました。
例えば60%と書かれていれば、40%はNGOの維持費や人件費に使われており、0.6円が具体的な支援に使われます。(一日に募金できる金額は何回Clickしてもスポンサー毎に1円です)

↓↓   ↓↓   ↓↓   ↓↓   ↓↓   ↓↓   ↓↓   ↓↓   ↓↓   ↓↓   ↓

寄付される団体 スポンサー %(活動/寄付金) 備考 主活動
WWF Japan 第一三共 80.9% 世界、環境保護
日本ユニセフ協会 日本製粉 80.8% 世界、途上国の支援
日本盲導犬協会 価格.com 80.0% 人件費を含む 日本、盲導犬育成
世界の医療団 第一三共 78.6% 人件費を含む 世界、医療支援
ファミリーハウス エイブル 69.4% 人件費を含む 日本、家の提供
ChildFoundJapan 価格.com 64.6% アジア中心、子供支援
国境なき医師団 CHINTAI 63.9% ノーベル平和賞受賞 世界、医療支援

=======================
このサイトに来てよかったと思っていただけた方は
是非CliCK、お願いいたします

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
=======================
                      
Filed under: イベントドリブン,クリスマス — みみすけ 8:20 PM  エリクソン博士とおばあさん はコメントを受け付けていません。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この記事へのコメントを投稿

現在、コメントフォームは閉鎖中です。